健康のための対策を

健康を維持していくために

夏の健康管理には熱中症対策を

日常生活でできる夏の熱中症への健康予防と対策をする事ができます。人間の身体には体温調査機能が備わっていて体内で熱を作り出す事ができ、自律神経を介して血液や発汗を調整し適度に体温を保っています。ところが気温や湿度が高い、風が弱い、日差しが強いなどの環境だと体温調整機能に乱れが生じ、健康な身体を保つ事ができません。熱中症の予防として、暑さを避けて、こまめに電解質の入ったスポーツドリンクなどを摂りいれ、体調・体質、生活習慣に気を配ります。夏のスポーツでは責任者が参加者の体調管理や食事をしっかりと取っているかの確認や定期的な水分補給をするように気を掛ける事が重要です。

健康は規則正しい食生活や運動で

健康維持や肥満を予防するためには規則正しい食生活を心掛ける事が大切です。肥満が気になるからといって食事を抜かず、1日3食、可能であれば毎日同じ時間に食べるようにします。間食やアルコールが日常的になっているのも良くありませんし、間食が多ければ低カロリーのお菓子やアルコールに変えてみるなど、徐々に改善していくのがお勧めです。もちろん、肥満予防や健康維持には適度な運動も必要です。筋肉が鍛えられると基礎代謝がアップするので日頃から痩せやすい体質を目指す事が出来ます。他にもいくつか対策はありますが、まずは無理なく取り組める事から始めるのがお勧めです。

↑PAGE TOP