ヘモグロビンA1Cとは

ヘモグロビンA1Cの検査

ヘモグロビンA1Cを計測

ヘモグロビンA1Cとは、酸素を運ぶ役割を担うヘモグロビンが、血液中のブドウ糖と結合した物の一部分です。赤血球の寿命は4ヶ月ですが、その間血管の中を周りながら余分なブドウ糖と結合していきます。つまりこの数値が高い=高血糖状態であるという事です。血糖値との違いは、直前の食事の影響を受けない事です。数値は赤血球の寿命の半分にあたる時期の血糖値の平均を表します。つまり外来で血液検査をすると、その日から1~2ヶ月前の血糖の状態を推定できることになり、血糖値よりも正確な数値が測れるのです。

↑PAGE TOP