健康に気を付ける生活

健康維持には予防と治療

健康の予防や治療にウォーキング

中年以降の年齢になると、健康のために何か効果的な運動はないかと考えます。ウォーキングは毎日継続して行うことができ、道具も必要なく、経済的な方法です。生活習慣病の症状がない人は、予防的に毎日30分以上のまとまった時間ウォーキングを行うことで効果が期待できます。血圧が高め、脂質異常を指摘されているなど心臓疾患や脳梗塞につながる症状がある人は、治療の1つ、運動療法としてウォーキングを行うと、ダイエット効果もあり体重が減ることで検査値が正常範囲内に戻る効果も期待されます。このように健康で毎日過ごすための予防にも治療にもウォーキングは効果的です。

健康で過ごすために予防と治療

大きな病気をせずに健康でいるためには、病気の早期発見・早期治療が大事といわれます。そして、最近では予防は治療に勝るともいわれます。不摂生をしないよう普段から生活に気を配ること、自覚症状がなくても定期的に健診や人間ドックなどを受けて自分の体の状態を知っておくことなどは大事です。そして、なにか不調や異常が見つかれば早い段階から対処することも大切ですし、高血圧や糖尿病などのように慢性の経過をたどる病気では、病気とうまく付き合いながら生活していくことも必要になってきます。このように健康のためには、予防も含めいろいろな方面から対処・行動していくことが大切といえるでしょう。

↑PAGE TOP